【証券アナリスト】 役立つQ&A・あるある10選|試験・勉強・テキスト・協会など

スポンサーリンク
証券アナリスト

 

質問者
質問者

勉強を進めていくと分からないことがたくさん出てきました。

 

あきぱん
あきぱん

Q&Aを作りましたのでこちらを参考にしてみてください。

(ここには問題の解説は含まれておりませんのでご注意ください)

 

Q&Aをチェックする前に、証券アナリストの基本情報や勉強方法をチェックしたい方はこちらからどうぞ↓

 

 

スポンサーリンク

証券アナリストQ&A

 

資格を取得しようか迷っている

 

  • もし今いる部署あるいはこれから行きたい部署のほとんどの人が保有しているなら、取得した方がよいかもしれません。
  • しかしそうでないなら、無理に取る必要はないと思います。
  • 理由は(私の肌感覚ですが)業界人が思っている程、お客さまからのウケがいい訳ではないからです(思った程プラスに働かない)。
  • ただ、勉強はしておいて損はないです。内容は金融の営業に役立つ他、自身の資産運用にも強くなれるからです。

 

 

どうしても理解できないことがあり泣きそう

 

  • まずはそもそも修得しなければいけない項目か出題傾向をチェックしましょう。ほとんど出題されない分野は切り捨てても問題ないからです。
  • 次に、修得が必要そうな分野ならネットで調べてみましょう。ネットで調べると意外と答えが載っています。ただし軽く調べてなさそうなら、時間の無駄なので粘らずにすぐに諦めてください。
  • 次の手段が「誰かに聞く」です。証券アナリストの学習は「暗記」ではなく「理解すること」なので、「誰かに聞く」が一番ベストです。
  • まわりに知っている人がいればその人に聞けますが、もしいなければ私の様に動画教材を購入することをおすすめします。
  • 証券アナリストは複数科目ありますが、科目が跨っているジャンルが多くあるので、分からないところを解決しないと芋づる式に分からないところが発生して学習速度を落とすことになります。

 

 

証券アナリストは国家資格か

 

  • これは証券アナリストあるあるだと思いますが、実は国家資格ではございません。
  • 「証券アナリストは国家資格ではない」という類(たぐい)の問題も出題されるのでここで覚えておきましょう。

 

 

書籍ツールが限らている

 

  • 残念ながらそうですね。
  • 書籍はほぼTACシリーズ一択ですね。私も書籍はTACシリーズを使って乗り越えました。

こちらです↓

 

 

まわりに聞く人がいない

 

  • 証券アナリストの資格をもっている人は世の中にたくさんいますが、ある特定の部署(ファンドマネージャーや証券部など)に偏ってる印象があります。
  • 私は営業部署在籍時に勉強しましたが、教えてもらえる様な人はほぼいなくて苦労しました。
  • また、本試験は「試験対策」が必要なので、理論を知っているだけでは詰めきれないところがあり、この点においても「教えてもらえる人がいる」ということが重要になります。
  • その様な背景から聞ける人を探してくることがベスト、いなければ私の様に動画で学習することをおすすめします。

 

 

協会のテキストは学習に必要か

 

  • 通信教育を申し込むとテキストが送られてきますが、一切使わなくても合格できますw
  • (あんまり大きな声で言えませんが)説明も分かりずらい気がしたので、深く学びたい方、使い慣れたテキストやネット、動画でも分からない時のみ使用すればよいと思います。

 

 

合格してからも年会費が発生してしまう

 

  • 入会金10,000円、年会費18,000円が発生します(※)。
  • 私は試験に合格しましたが、協会に入らなかったのでこの2つの費用は払っていませんw
  • 詳しくはアナリスト協会に確認して頂きたいのですが、検定会員と名乗ることやロゴを使うなどする場合はお支払いが必要になると思います。

  ※引用元:公益社団法人日本証券アナリスト協会

 

 

試験時間が長すぎます

 

  • これは証券アナリストあるあるです。
  • めっちゃ書かされて体力が消耗します。
  • 試験対策として事前に、模擬試験や本試験と同じ環境で問題を解くことをおすすめします。

 

 

関数電卓は必要ですか

 

  • 必要だと思います。
  • なくてもできない訳ではないが、計算ミスが致命傷になり得ますし大したコストではないと思いますので入手しましょう。
  • ちなみに私は新品を購入し合格後、メルカリで売却しました。
  • (大半の人が本試験以外で使用することはないと思いますので)メルカリで調達するのはよい方法だと思います。

 

 

転職に有利か

 

  • 断言はできないのですが、私の感覚を申し上げると、メジャーな資格で、世間的には比較的難しい資格と認識されているので、有利に働く可能性が高いと思います。
  • 保有しているという形式要件よりも面接の時になぜ取得したのか訴求できる点、苦難を乗り越えたエピソードなど語れる点で有利だと思います。
  • また特定の部署では入社の絶対条件にもなり得るのかなと思います。

 

 

以上です。

さいごに、ここまで読んで頂いたみなさまに感謝🙏

 

\\本記事で紹介させていただいた書籍はこちら//

\\本記事内で紹介させて頂いた記事はこちら//

タイトルとURLをコピーしました